Thursday, September 26, 2013

26/9/13 - English

While Palestinian children return to school, we are aware of a deeply upsetting change in the curriculum of at least five schools in East Jerusalem. The Israeli municipality has offered incentives—an extra 2,000 shekels per student—to schools in East Jerusalem which will switch the Palestinian curriculum to the Israeli curriculum. The Israeli curriculum whitewashes over the history of Palestinian culture and struggle, depicts the state of Israel as including the West Bank, and labels Jerusalem the capital of Israel despite international consensus that East Jerusalem is under occupation. Lord, we wish to lift these concerns up to you: that this represents the loss of the Palestinian narrative in these schools, and that students will receive only the Israeli side of the story. Lord in your mercy…

Jerusalem—house demolitions, etc.

Gaza and Egypt—students from Gaza no longer allowed to attend classes in Egypt

World Week for Peace in Palestine Israel—services and programs around Jerusalem (Rev. John Calhoun asked if we would mention it)


World Council of Churches: Belarus, Moldova, Russia, Ukraine

Japanese 26/9/2013

主よ、今週、わたしたちはエルサレムのための祈りをお捧げします。東エルサレムに住む多くのパレスチナ人がイスラエル当局による家屋破壊、住まいからの強制退去、東エルサレムにおける違法入植地の蚕食による住居建設のための土地喪失に苦しめられています。主よ、痛みを負いやすく人口が減るばかりの東エルサレムの人々をどうかお守りください。彼らはまた、今は9月一杯続くユダヤ教の祝日による道路閉鎖のために困難の中にあります。日々の生活が乱され、町への出入りが難しくなっています。主よ、御憐れみにより、わたしたちの祈りをお聞きください。
憐れみ深い神よ、今週エルサレムで、心かき乱される行列が行われました。このために、毎年仮庵祭の休日に世界中からクリスチャン・シオニストが集まります。一見、イスラエルの人々への連帯を表明するお祝い行事のようです。でも、これは、パレスチナの占領とそこに元々住む人々への抑圧にも関わらず、イスラエル国への揺らぐことない政治的、経済的な支援を祝う行事なのです。主よ、どうか彼らが、パレスチナの人々が受けている苦しみに気づき、イスラエルを無条件に支持するのではなく、聖地に生きるすべての人々に平和と正義をもたらすための努力を支持するようになりますように。主よ、御憐れみにより、わたしたちの祈りをお聞きください。
主よ、西岸地区にあるビルゼイト大学の何千人もの学生たちのために祈ります。学費の値上げに反対するストライキで大学は休校状態が続いています。恵みに富む神よ、どうか学生たちがクラスに戻り、新たな学年を始めることができるような解決をお与えください。この経済的に困難な状況にあって、すべてのパレスチナの学生たちが高等教育をあきらめずにすむ手段をお与えください。主よ、御憐れみにより、わたしたちの祈りをお聞きください。
私たちはサビールの家族における嬉しい出来事を祝います。主よ、どうか職員のオマール・ハラミとヒバの婚約を祝福してください。二人はサビールで出会いました。また、新しいドキュメンタリー映画『ロード60』のナザレでの上映会のために祈ります。愛する主よ、サビールの友のプログラムのためにも祈ります。今週カナダのトロントで行われるプログラムのため、また来週米国のシカゴで開かれる会議「正義のための大きな天幕」のために祈ります。主よ、御憐れみにより、わたしたちの祈りをお聞きください。

Thursday, September 19, 2013

19/9/13 - English

Lord, we praise you and offer prayers of thanksgiving for the avoidance of an attack in Syria and the possibility for a diplomatic solution. We pray that the deal to destroy chemical weapon stocks in Syria will be the beginning of a peaceful end to this horrific civil war, and that this marks the beginning of disarmament of the entire Middle East. Lord in your mercy…

Gracious God, this week we wish to remember the thousands of Palestinian refugees massacred at the Sabra and Shatila refugee camps in Beirut thirty-one years ago. Even decades later, Palestinian refugees continue to face dire circumstances and desperately need a political solution based on international law. Lord, we pray for your protection for all refugees in the Middle East: Palestinians, Iraqis, Syrians, and other displaced groups. Lord in your mercy…

 The World Health Organization estimates that more than one-third of women around the world will experience some form of physical or sexual violence in her lifetime, and recent events in India and Yemen highlight the urgency of this issue.  Lord, as women across the globe face discrimination and violence, we pray for legal and societal changes which will curb the tide of violence against women. Lord in your mercy…

Lord, we ask for your hand to guide Sabeel’s programs this week, including the Clergy Wives Retreat on Thursday and Friday, and the Ecumenical Prayer Service for peace in Syria and the Middle East on Friday. Please grant us the clarity to finish preparations for these events, and let us embody your peace and love in all we do. Lord in your mercy…


God, we also pray alongside the World Council of Churches for the countries of Bulgaria, Romania, and Hungary. Lord in your mercy…

Japanese 19/9/2013

主よ、あなたを賛美し、シリアへの軍事介入が避けられ、外交的解決の可能が与えられたことについて、感謝の祈りを捧げます。シリアの備蓄化学兵器の破壊に関する合意が、この恐ろしい戦争が平和的に終結する糸口になりますように。また、これが中東全体における軍縮の始まりになりますように。主よ、御憐れみにより、わたしたちの祈りをお聞きください。
慈悲の神よ、今週、私たちは、31年前にベイルートのサブラとシャティラのキャンプで虐殺された何千人ものパレスチナ人難民のことを覚えたいと思います。あれから何十年も経った今日もパレスチナ人難民は悲惨な状況に直面し続け、国際法に基づいた政治的解決を切実に必要としています。主よ、どうか中東のすべての難民、パレスチナ人、イラク人、シリア人、その他故郷を追われた人々を、お守りください。主よ、御憐れみにより、わたしたちの祈りをお聞きください。
世界保険機構は世界の1/3以上の女性が生涯の内に何らかの身体的あるいは性的な暴力を経験していると見積もっています。インドとイエメンで最近起きた事件は、この問題の緊急性に光を当てるものでした。主よ、世界中の女性たちが差別と暴力に直面しています。どうか女性に対する暴力が止むように、法的、社会的な変化をもたらしてください。主よ、御憐れみにより、わたしたちの祈りをお聞きください。
主よ、木曜日、金曜日に行う聖職者伴侶の修養会、金曜日に行うシリアと中東の平和を祈るエキュメニカルな礼拝など、今週サビールで行われるプログラムを、御手をもってお導きください。どうかわたしたちに明確さを与え、これらの準備を終えることができるようにしてください。どうかわたしたちが為す全てのことにおいて、あなたの平和と愛を具体化させてください。主よ、御憐れみにより、わたしたちの祈りをお聞きください。

Thursday, September 12, 2013

12/9/13 - English

God of Mercy, we continue to lift the Syrian people up to you. The capture of the Christian village of Maaloula is of particular concern as we fear the loss of an ancient community of believers. Lord, give strength, courage, and peace to your people and allow the people of Maaloula to be a witness of your great power and love. We also pray for wisdom for world leaders and courage for citizens around the world to stand against violence and military action. Lord in your mercy…

Lord, we wish to remember the people of Iraq who have been experiencing increasing levels of violence in the past months, culminating in several car bombs in Baghdad and the murder of sixteen members of the same family last week. Merciful God, we see the deep fractures in this society and the intense pain caused when neighbor rises up against neighbor. We pray that your love and peace would prevail, that your presence would unite the people of Iraq in mutual understanding, and that the bloodshed would come to an end. Lord in your mercy…

Lord, we cannot ignore the rapidly deteriorating humanitarian situation in Gaza, especially as Egypt has recently worked to destroy tunnels used to bring necessary supplies into the Strip. With the Rafah crossing only open a few hours a day, Egypt building a “buffer zone” on the border, and the cessation of fuel imports from Egypt, the people of Gaza are certainly experiencing the most isolating and desperate situation since the blockade began in 2007. Lord, hear your people’s cries for freedom and let your justice roll down like a mighty river. Please give the people of Gaza some measure of practical comfort, though we ultimately continue to pray for freedom from oppression and occupation. Lord in your mercy…

Lord, we offer congratulations to our Jewish neighbors during their holidays. We wish to pray, however, that our Jewish friends become aware of the suffering of the Palestinian people at the bidding of the Israeli government, and that they work toward changing those policies. Lord in your mercy…


Lord, we pray alongside the World Council of Churches for the countries of Albania, Bosnia-Herzegovina, Croatia, Slovenia, Former Yugoslav Republic of Macedonia, Montenegro, and Serbia. Lord in your mercy…

Japanese 12/9/2013

慈悲の神よ、引き続きシリアの人々のために祈ります。ことにキリスト教徒の村、マアルーラが占拠されたことは、私たちにとって大きな心配です。いにしえからの信者の村が失われたのではないかと恐れています。主よ、み民に力と勇気と平和とを与え、マアルーラの人々を偉大なるみ力と愛を証しする者にしてください。また、世界の指導者たちに知恵を、世界中の市民に勇気を与え、暴力と軍事行動に反対して立ち上がるようにしてください。主よ、御憐れみにより、わたしたちの祈りをお聞きください。
主よ、ここ数ヶ月いや増す暴力を経験しているイラクの人々のことを覚えます。バグダッドでは幾度もの自動車爆弾テロがあり、先週は同じ家族に属する16人が殺害されるという事件がありました。憐れみ深い神よ、隣人同士で争うとき、社会に深い亀裂が走り、大きな痛みが引き起こされるのを私たちは見ます。どうか、あなたの愛と平和が打ち勝ち、あなたがいてくださることによってイラクの人々が相互理解の内に結び合わされ、血を流し合う争いが止みますように。主よ、御憐れみにより、わたしたちの祈りをお聞きください。
主よ、ガザで急速に悪化している人道的状況に対して私たちはそ知らぬ顔をできません。ガザ地区に必要物資を運び入れるのに使われてきたトンネルを最近エジプトが破壊して、酷い状況になっています。ラファの検問所は日に数時間しか開きません。エジプトは国境に「緩衝地帯」を建設しています。エジプトからの燃料の輸入は止まりました。ガザの人々は2007年に封鎖が始まって以来、最も孤立させられ、瀬戸際に追いやられています。主よ、み民の自由を求める声をお聞きください。正義を大河のように流れさせてください。ガザの人々に何か具体的な安らぎをお与えください。どうか抑圧と占領から解放してください。主よ、御憐れみにより、わたしたちの祈りをお聞きください。
ヨムキプルの祝日を過ごしているユダヤの隣人たちに祝いの言葉を贈りつつも、私たちは願います。どうか、イスラエル政府の命令によってパレスチナ人が苦しんでいることにユダヤの友人たちが気がつき、政策の転換に向けて働いてくれますように。主よ、御憐れみにより、わたしたちの祈りをお聞きください。

Thursday, September 5, 2013

5/9/13 - English

Gracious God, we ask that you guide and protect the children of Palestine as they begin a new school year. More than one million Palestinian children returned to their classrooms this past week, but what should be an exciting time of new beginnings for these children is inevitably tarnished by ongoing worries and complications stemming from the occupation. Lord, we pray that Palestine’s most vulnerable population is able to learn, create, and play in an atmosphere of safety, and that they no longer have to suffer through checkpoints, face the Separation Barrier, and endure settler threats and violence just to seek an education. Lord in your mercy…

Lord, it is also a time of great uncertainty and tragedy for many people across the Middle East. In the wake of the latest alleged chemical attack which took the lives of nearly 1,500 people, we wish to pray especially for the people of Syria, remembering the more than 100,000 killed and the 6.2 million displaced by the horrific civil war. At this time of upheaval, many countries surrounding Syria fear for the security and the stability of their nations; Merciful God, hear our people’s cries for safety, justice, and peace. Lord, also give wisdom and restraint to world leaders that they will not respond to this recent tragedy with warfare and instead will seek the path of non-violence. We pray, God, for a political solution that will stabilize this war-torn country and the entire Middle East. Lord in your mercy…

Gracious God, we lift the Egyptian people up to you. In the midst of turmoil and violence, we beg you to be the light that shines in the darkness and reveal your way of peace and reconciliation. Lord, we pray that you would provide a way forward which honors the dignity of all and brings a peaceable political solution and end to the conflict. Lord in your mercy…

Lord, the end of summer marks a time when we begin anew with plans and projects; this means the return of Sabeel staff from holiday, and the arrival of four new staff members beginning their ministry with Sabeel Jerusalem/Nazareth. We pray that their transition goes smoothly, that grace will abound as they learn new responsibilities, and that they fulfill their tasks knowing the fullness of your presence. Lord in your mercy…

Lord, we also pray for the Clergy Program on September 6th in the Galilee and for all of our staff as they focus much of their energy on preparations for the 9th International Conference later this year (November 19-25). Lord in your mercy…

God, we pray along with the World Council of Churches for the countries of Czech Republic, Poland, and Slovakia. Lord in your mercy...

To our local partners in prayer, we wish to announce that our weekly Communion service will recommence this week on Thursday, September 5. The service begins at noon and is open to anyone in the community who wishes to join us in praying for our neighbourhoods and the world.




5/9/13 - Français

Dieu de bonté, nous te prions de guider et de protéger les enfants de Palestine qui commencent une nouvelle année scolaire. Plus d’un million d’enfants palestiniens ont retrouvé leurs salles de classe la semaine passée, mais ce qui devrait être un temps joyeux de nouveaux commencements pour ces enfants est inévitablement terni par les inquiétudes persistantes et les complications qu’engendre l’occupation. Seigneur nous te prions pour que la population la plus vulnérable de Palestine puisse apprendre, créer et jouer dans un climat de sécurité et pour qu’elle n’ait pas à souffrir plus longtemps au passage des points de contrôle, devant le Mur de Séparation, ni à supporter les menaces et la violence des colons mais simplement à recevoir un enseignement. Seigneur, dans ta miséricorde, entends notre prière.

Seigneur, c’est aussi un temps de grande incertitude et de tragédie pour beaucoup de gens au Moyen Orient. Après l’annonce de la dernière attaque chimique qui a causé la mort de près de 1.500 personnes, nous voulons te prier spécialement pour le peuple de Syrie, dans le souvenir des plus de 100.000 tués et des 6,2 millions de personnes déplacées par cette guerre civile horrible. En ce temps de bouleversement, beaucoup des pays qui entourent la Syrie craignent pour la sécurité et la stabilité de leurs nations ; Dieu de pitié, entends les appels de nos peuples pour la sécurité, la justice et la paix. Seigneur, donne aussi sagesse et modération aux dirigeants du monde pour qu’ils ne répondent pas à cette récente tragédie par la guerre mais qu’ils cherchent plutôt le chemin de la non-violence. Nous te prions, Ô Dieu, pour une solution politique qui stabilise ce pays déchiré par la guerre ainsi que tout le Moyen Orient. Seigneur, dans ta miséricorde, entends notre prière.

Dieu de bonté, nous te prions pour le peuple égyptien. Au milieu des troubles et de la violence, nous te prions d’être la lumière qui brille dans les ténèbres afin de faire découvrir ton chemin de paix et de réconciliation. Seigneur, nous te prions d’apporter une solution d’avenir qui respecte la dignité de tous, une solution politique pacifique qui mette fin au conflit. Seigneur, dans ta miséricorde, entends notre prière.

Seigneur, la fin de l’été ouvre le temps où nous recommençons à faire des plans et des projets ; cela veut dire le retour de vacances de l’équipe de Sabeel et l’arrivée dans cette équipe de nouveaux membres qui vont commencer leur mission avec Sabeel Jérusalem/Nazareth. Nous te prions pour que leur passage de relais se fasse sans difficultés, pour que ta grâce ne leur soit pas comptée au moment où ils s’initient à leurs nouvelles responsabilités, et pour qu’ils accomplissent leur travail en ayant conscience de l’intensité de ta présence. Seigneur, dans ta miséricorde, entends notre prière.

Seigneur, nous te prions aussi pour le programme à l’intention du clergé le 6 septembre en Galilée et pour toute notre équipe qui consacre une grande part de son énergie à la préparation de la 9ème Conférence Internationale du 19 au 25 novembre prochain. Seigneur, dans ta miséricorde, entends notre prière.

Seigneur, nous te prions en union avec le Conseil Œcuménique des Églises pour la Répubique Tchèque, la Pologne et la Slovaquie. Seigneur, dans ta miséricorde, entends notre prière.



Japanese 5/9/2013

慈悲の神よ、新学期を迎えたパレスチナの子どもたちを導き、お守りください。先週、100万人以上のパレスチナの子どもたちがクラスに戻りました。心躍る新しい始まりの時であるはずなのに、占領に発するうち続く心配事、厄介事によって否応もなく子どもたちは気持ちを曇らされています。どうかパレスチナの最も傷つきやすい世代の者たちが安全な雰囲気の中で学び、創造し、遊ぶことができますように。ただ教育を受けようとするだけで、検問所で嫌がらせを受け、分離壁に阻まれ、入植者の脅しや暴力に耐えなければならない日々が終わりますように。主よ、御憐れみにより、わたしたちの祈りをお聞きください。
主よ、中東全域の多くの人々にとって、今は、先が見えない時、悲劇の時です。化学兵器の使用が疑われる攻撃によって1500人近くが亡くなったことを覚え、ことにシリアの人々のために祈ります。この恐ろしい戦争によって、既に10万人以上が殺され、620万人が住む場所を失いました。この混乱の時にあって、シリアの周りの多くの国は自らの安全と安定を失うことを心配しています。慈悲の神よ、安全と正義と平和を求める民の声をお聞きください。主よ、世界の指導者たちに知恵と自制心を与え、この悲劇に武力を持って応じることがないように、代わりに非暴力の道を探求するようにさせてください。どうか戦争に引き裂かれたこの国と中東全体を安定させる政治的解決が与えられますように。主よ、御憐れみにより、わたしたちの祈りをお聞きください。
慈悲の神よ、エジプトの人々のために祈ります。動乱、暴力の最中にあって、どうか闇の中に輝く光となり、あなたの平和と和解の道を示してください。主よ、どうか、すべての人の尊厳が守られ、平和的な政治的解決と紛争の終結をもたらすための手立てをお与えください。主よ、御憐れみにより、わたしたちの祈りをお聞きください。
主よ、夏が終わり、新たな計画や取り組みを始める時を迎えています。サビールのスタッフが休暇から戻り、4人の新しいメンバーがエルサレムとナザレのサビールの事務所で働き始めます。どうか新しい生活への移行が滞りなく進み、新たな責任を学ぶ中で恵みに満たされ、主のご臨在の充満を知りつつ、その務めを果たすことができますように。主よ、御憐れみにより、わたしたちの祈りをお聞きください。
主よ、ガリラヤで9月6日に行われる聖職者のためのプログラムのために、また11月19日~25日に開催する第9回国際会議のために力を注ごうとしているサビールのすべてのスタッフのために祈ります。主よ、御憐れみにより、わたしたちの祈りをお聞きください。