Thursday, November 26, 2015

Japanese 26/11/2015

主よ、なんて皮肉なことでしょうか。米国がシャトル外交を行うたびに、イスラエル政府がパレスチナの国家樹立の妨げになることを発表します。今週、ジョン・ケリー国務長官がイスラエル国を訪問しました。その訪問を前に、イスラエル国は占領している東エルサレムで454軒の入植者のための新たな家屋建設を許可することを発表しました。どうか今回は、何にもならない単なるレトリック以上のことがありますように。ケリーが「公正な調停者」として来て、表面的な問題だけを見ず、根にある問題に進んで取り組みますように。
主よ、御憐れみにより、私たちの祈りを聞き入れてください
主よ、イスラエルの監獄に400人近くのパレスチナ人の子どもが拘束されています。6歳の子どもまでが拘留されています。イスラエル軍は、これまでパレスチナの子どもたちに対する処遇を繰り返し批判されてきました。パレスチナの十代の子どもたちは怒りと絶望に囚われています。かれらは小さい頃から全世界の子どもに認められている基本的人権を否定されてきました。どうかすべての弱き者をお守りください。ことにパレスチナの子どもと青年をお守りください。
主よ、御憐れみにより、私たちの祈りを聞き入れてください
主よ、11月29日(日)は国連が定める「パレスチナ人民連帯国際デー」です。パレスチナ人の心は、この地であまりにも長く続いている占領と暴力と抑圧に対して「もうたくさんだ」と意思表示をするあらゆる国のあらゆる人とひとつです。どうかこの日に、パレスチナで日常生活の一部となっている不正義に対して世界の人々が意識を高め、指導的地位にある人々が正義に基づく平和に繋がる行動を起こす意思と勇気を与えられますように。
主よ、御憐れみにより、私たちの祈りを聞き入れてください
主よ、サビールの機関誌『コーナーストーン』の刊行準備が進んでいます。新号では世界中の<サビールの友>の働きが特集されます。これらの友のゆえに、また彼らの平和と正義への献身のゆえに、感謝をささげます。
主よ、御憐れみにより、私たちの祈りを聞き入れてください

Japanese 26/11/2015

主よ、なんて皮肉なことでしょうか。米国がシャトル外交を行うたびに、イスラエル政府がパレスチナの国家樹立の妨げになることを発表します。今週、ジョン・ケリー国務長官がイスラエル国を訪問しました。その訪問を前に、イスラエル国は占領している東エルサレムで454軒の入植者のための新たな家屋建設を許可することを発表しました。どうか今回は、何にもならない単なるレトリック以上のことがありますように。ケリーが「公正な調停者」として来て、表面的な問題だけを見ず、根にある問題に進んで取り組みますように。
主よ、御憐れみにより、私たちの祈りを聞き入れてください
主よ、イスラエルの監獄に400人近くのパレスチナ人の子どもが拘束されています。6歳の子どもまでが拘留されています。イスラエル軍は、これまでパレスチナの子どもたちに対する処遇を繰り返し批判されてきました。パレスチナの十代の子どもたちは怒りと絶望に囚われています。かれらは小さい頃から全世界の子どもに認められている基本的人権を否定されてきました。どうかすべての弱き者をお守りください。ことにパレスチナの子どもと青年をお守りください。
主よ、御憐れみにより、私たちの祈りを聞き入れてください
主よ、11月29日(日)は国連が定める「パレスチナ人民連帯国際デー」です。パレスチナ人の心は、この地であまりにも長く続いている占領と暴力と抑圧に対して「もうたくさんだ」と意思表示をするあらゆる国のあらゆる人とひとつです。どうかこの日に、パレスチナで日常生活の一部となっている不正義に対して世界の人々が意識を高め、指導的地位にある人々が正義に基づく平和に繋がる行動を起こす意思と勇気を与えられますように。
主よ、御憐れみにより、私たちの祈りを聞き入れてください
主よ、サビールの機関誌『コーナーストーン』の刊行準備が進んでいます。新号では世界中の<サビールの友>の働きが特集されます。これらの友のゆえに、また彼らの平和と正義への献身のゆえに、感謝をささげます。
主よ、御憐れみにより、私たちの祈りを聞き入れてください

Wednesday, November 25, 2015

26/11/2015 English

•  Lord, how ironic it seems that whenever the United States engages in its “shuttle diplomacy” another announcement is made by the Israeli government that sabotages the creation of a Palestinian State.  This week sees another visit from Secretary of State, John Kerry, while at the same time Israel announces the approval of the construction of 454 new settler homes in occupied East Jerusalem .  We pray that this time there might be more than just rhetoric that goes nowhere; we pray that Kerry comes as an “honest  broker” who is willing to go to the root of the problems here and to see more than just surface issues.                                                                                                                           Lord, in your mercy...........

•  Lord, we’ve read this week that nearly 400 children are being held in Israeli jails.  Children as young as 6 years old have been detained by Israeli forces who have come under repeated criticism for their treatment of Palestinian children.   We are witnessing the anger and hopelessness of teens who, from childhood, have been denied basic human rights that have been recognized for all the world’s children.  We pray your protection on all who are vulnerable, but especially our children and our youth.                                
Lord, in your mercy...........

•  Lord, Sunday, November 29 will be observed by the United Nations as International Day of Solidarity with the Palestinian people.  Our hearts are united with all people everywhere who say “enough” to the ongoing occupation and the violence and oppression that has kept its hold on this land for too long.  May this day not just heighten the world’s awareness of the injustice that is part of daily life in Palestine but also give those in positions of leadership the will and courage to act in ways that lead to a just peace.                                                                                                                           Lord, in your mercy………….

• Lord, as we prepare for the next issue of Cornerstone which will be highlighting the work of Friends of Sabeel around the world, we give thanks for these friends and their commitment  to peace and justice.                                                                                                                                                       Lord, in your mercy...........


• We pray alongside the World Council of Churches for the countries of  Burkina Faso, Chad, Mali, Mauritania and Niger .                                                                                                                               Lord, in your mercy...........

26/11/2015 French

Seigneur, quelle ironie qu’à chaque fois que les États-Unis font un pas de plus dans leurs “navettes diplomatiques” une nouvelle annonce du gouvernement israélien sabote la création d’un État palestinien. Cette semaine on assiste à une nouvelle visite du Secrétaire d’État John Kerry, tandis qu’au même moment Israël annonce l’accord donné à la construction de 454 nouvelles habitations de colons dans Jérusalem Est occupée. Nous Te prions pour que cette fois il n’y ait plus simplement des discussions sans issue ; nous Te prions pour que Kerry vienne en “médiateur honnête” décidé à aller à la racine des problèmes qui se posent ici et à voir plus loin que la surface des choses. Seigneur, dans Ta miséricorde, entends notre prière.

Seigneur, nous avons lu cette semaine que près de 400 enfants sont détenus dans des prisons israéliennes. Des enfants de 6 ans ont été détenus par les forces israéliennes qui ont fait l’objet de critiques répétées pour les traitements qu’ils font subir à des enfants palestiniens. Nous sommes témoins de la colère et du désespoir d’adolescents à qui, depuis l’enfance, on a refusé les droits humains élémentaires reconnus à tous les enfants du monde. Nous Te prions de protéger tous les êtres vulnérables, mais en particulier nos enfants et nos jeunes. Seigneur, dans Ta miséricorde, entends notre prière.

Seigneur, dimanche 29 novembre sera pour les Nations Unies la Journée Internationale de Solidarité avec le peuple palestinien. Nous sommes unis de cœur avec tous ceux qui, partout, disent “assez” à la poursuite de l’occupation, de la violence et de l’oppression auxquelles cette terre est soumise depuis trop longtemps. Puisse cette journée non seulement sensibiliser davantage le monde à l’injustice qui est le lot quotidien de la vie en Palestine mais donner aussi à ceux qui sont en situation de pouvoir la volonté et le courage d’agir pour l’obtention d’une paix juste. Seigneur, dans Ta miséricorde, entends notre prière.

Seigneur, en préparant le prochain numéro de notre magazine Cornerstone qui mettra en lumière le travail des Amis de Sabeel dans le monde, nous Te remercions pour ces amis et leur engagement en faveur de la paix et de la justice. Seigneur, dans Ta miséricorde, en tends notre prière.

Nous Te prions en union avec le Conseil Œcuménique des Églises  pour les populations du Burkina Faso, du Tchad, du Mali, de la Mauritanie et du Niger. Seigneur, dans Ta miséricorde, entends notre prière.


26/11/2015 German

Wie ironisch scheint es jedes Mal, wenn die Vereinigten Staaten sich mit ihrer "Pendeldiplomatie" beschäftigen. Eine andere Ankündigung wird dann von der israelischen Regierung gemacht, um die Schaffung eines palästinensischen Staates zu sabotieren. Diese Woche findet wieder ein  Besuch des Außenministers John Kerry statt, während Israel zur gleichen Zeit die Genehmigung des Baus von 454 neuen Siedlerhäusern im besetzten  Ostjerusalem ankündigt.  
Wir beten, dass dieses Mal dort mehr herauskommt als nur Rhetorik, die nirgendwohin hinführt. Wir beten, dass Kerry wie ein "aufrichtiger Makler" kommt, der bereit ist, die Probleme von den Wurzeln her anzupacken und mehr nur als die Oberfläche zu sehen.    
Herr in Deinem Erbarmen........

Wir haben in dieser Woche gelesen, dass fast 400 Kinder in israelischen Gefängnissen festgehalten werden.  Sogar Sechsjährige werden von israelischen Streitkräften festgenommen, die wiederholt für ihre Behandlung von palästinensischen Kindern kritisiert wurden.   
Wir erleben den Ärger und die Hoffnungslosigkeit der Teenager, denen von Kindheit an die Grundmenschenrechte versagt sind, die für alle Kinder in der Welt anerkannt worden sind.
Wir beten um ihren Schutz, für alle die verwundbar sind, aber besonders für unsere Kinder und unsere Jugend.
Herr in Deinem Erbarmen........

Am Sonntag, dem 29. November wird als internationaler Tag der Solidarität der Vereinten Nationen an das palästinensische Volk gedacht. Unsere Herzen werden mit allen Leuten überall vereinigt, die die andauernden Besatzung, die  Gewalt und die Unterdrückung in diesem Land beendet sehen wollen. Möge  dieser Tag die Ungerechtigkeit, die Teil des täglichen Lebens in Palästina sind, der Welt bewusst machen und den  Politikern auch den Willen und Mut geben, Wege zu gehen, die zu einem gerechten Frieden führen.
Herr in Deiner Gnade…..

Wir bereiten die nächste Ausgabe des „Cornerstones“ vor, die von der Arbeit der Freunde von Sabeel in aller Welt berichtet. Wir danken für diese Freunde und ihre Verpflichtung für Frieden und Gerechtigkeit zu wirken.                      
Herr in Deinem Erbarmen........


Wir beten mit dem Weltrat der  Kirchen für die Länder Burkina Faso, dem Tschad, Mali, Mauretanien und Niger

Thursday, November 19, 2015

Japanese 19/11/2015

主よ、闇が、光の都、パリを覆いました。130人を超える人々がISISが画策した同時多発テロによって無意味に殺されました。世界は怒りで団結したかのようでした。世界中で「我々は皆、パリ市民だ」という声が聞かれました。しかし、主よ、痛みはあらゆる場所にあります。先週、43人が殺害されたベイルートに、シリアに、アフリカに、アフガニスタンに、パレスチナに。他にも多くの場所に。主よ、すべての人の命の尊厳と聖性が大切にされ、守られるようになるまで、この傷つき続けている世界であなたの光となり続ける意思と勇気をわたしたちにお与えください。
主よ、御憐れみにより、わたしたちの祈りを聞き入れてください
主よ、パレスチナでは暴力が続いています。10月1日以後、7000人以上が負傷し、83人が殺害されました。最も最近では、月曜日の早朝、ラマラのカランディア難民キャンプで、21歳のレイス・アサド・ムナスラと28歳のアフマッド・アブ・アル=アイシュの2人が、抗議行動参加を疑われ、家を破壊しに来たイスラエル兵に射殺されました。主よ、いつまででしょうか。いつまでこの暴力は続くのでしょうか。いつまで人々は家族、友人、家を失わなければならないのでしょうか。いつまで無辜の市民を標的にする集団的懲罰によって家を破壊されなければならないのでしょうか。この叫びをあげつつも、わたしたちはあなたの愛とまことを思い起こします。どうかそれによって希望が与えられますように。いつの日かあなたの平和と正義がこの地に築かれる希望が与えられますように。
主よ、御憐れみにより、わたしたちの祈りを聞き入れてください
主よ、世界中で恐れと憎しみが高まり、その多くがイスラム教徒の共同体に向けられている時にあって、先週木曜日、サビールとアル=リカ・センターの主催でキリスト教とイスラム教の聖職者によるアル・アクサ・モスクへの連帯訪問が行われたことを感謝します。どうか現状維持協定が攻撃的なイスラエルの入植者たちによって脅かされたり、犯されたりすることなく、イスラム教徒がこの聖所で制限されることなく自由に祈り、礼拝を献げることができますように。また、この訪問で示された二つの信仰間のきょうだい愛が全世界への証しとなりますように。
主よ、御憐れみにより、わたしたちの祈りを聞き入れてください
主よ、11月24日~26日にハイファで行われる聖職者とその伴侶のためのサビールのリトリートのために祈ります。どうか聖職者とその家族が、心身の疲れを癒やされ、元気を回復しますように。
主よ、御憐れみにより、わたしたちの祈りを聞き入れてください

Japanese 19/11/2015

主よ、闇が、光の都、パリを覆いました。130人を超える人々がISISが画策した同時多発テロによって無意味に殺されました。世界は怒りで団結したかのようでした。世界中で「我々は皆、パリ市民だ」という声が聞かれました。しかし、主よ、痛みはあらゆる場所にあります。先週、43人が殺害されたベイルートに、シリアに、アフリカに、アフガニスタンに、パレスチナに。他にも多くの場所に。主よ、すべての人の命の尊厳と聖性が大切にされ、守られるようになるまで、この傷つき続けている世界であなたの光となり続ける意思と勇気をわたしたちにお与えください。
主よ、御憐れみにより、わたしたちの祈りを聞き入れてください
主よ、パレスチナでは暴力が続いています。10月1日以後、7000人以上が負傷し、83人が殺害されました。最も最近では、月曜日の早朝、ラマラのカランディア難民キャンプで、21歳のレイス・アサド・ムナスラと28歳のアフマッド・アブ・アル=アイシュの2人が、抗議行動参加を疑われ、家を破壊しに来たイスラエル兵に射殺されました。主よ、いつまででしょうか。いつまでこの暴力は続くのでしょうか。いつまで人々は家族、友人、家を失わなければならないのでしょうか。いつまで無辜の市民を標的にする集団的懲罰によって家を破壊されなければならないのでしょうか。この叫びをあげつつも、わたしたちはあなたの愛とまことを思い起こします。どうかそれによって希望が与えられますように。いつの日かあなたの平和と正義がこの地に築かれる希望が与えられますように。
主よ、御憐れみにより、わたしたちの祈りを聞き入れてください
主よ、世界中で恐れと憎しみが高まり、その多くがイスラム教徒の共同体に向けられている時にあって、先週木曜日、サビールとアル=リカ・センターの主催でキリスト教とイスラム教の聖職者によるアル・アクサ・モスクへの連帯訪問が行われたことを感謝します。どうか現状維持協定が攻撃的なイスラエルの入植者たちによって脅かされたり、犯されたりすることなく、イスラム教徒がこの聖所で制限されることなく自由に祈り、礼拝を献げることができますように。また、この訪問で示された二つの信仰間のきょうだい愛が全世界への証しとなりますように。
主よ、御憐れみにより、わたしたちの祈りを聞き入れてください
主よ、11月24日~26日にハイファで行われる聖職者とその伴侶のためのサビールのリトリートのために祈ります。どうか聖職者とその家族が、心身の疲れを癒やされ、元気を回復しますように。
主よ、御憐れみにより、わたしたちの祈りを聞き入れてください

Wednesday, November 18, 2015

19/11/2015 English

•             Lord, this past week darkness fell on Paris, the City of Light, as over 130 people were senselessly killed in multiple terrorist attacks orchestrated by ISIS.  The world seemed to unite in its outrage.  “We are all Parisians” was heard around the globe.  But there is pain everywhere, Lord—pain in Beirut after 43 were killed last week, pain in Syria, pain in Africa, pain in Afghanistan, pain in Palestine.  And the list goes on and on.  Lord,  give us the will and the courage to be your light in a hurting world and not to rest until compassion, dignity and the sacredness of every human life is honored and practiced.
Lord in your mercy...........

•             Lord, closer to home, we see violence continuing daily.  Since October 1, over 7,000 Palestinians have been injured and 83 killed, the latest casualties being Laith Assad Munasra, age 21 and Ahmad Abu al-Aish, age 28, shot and killed by Israeli forces as a suspect’s home was being demolished in the Qalandya refugee camp in Ramallah early Monday morning. We cry with the Psalmist,  “How long?”: how long will this violence go on, how long will people suffer the loss of family, friends and homes? How long will families and neighborhoods suffer under the collective punishment of home demolitions that target the innocent?  And yet, as we cry out, we are also reminded of your love and faithfulness.  Let that reminder give us hope that someday your peace and justice will be established in this land.
Lord in your mercy...........

•             Lord, at a time when  fear and hatred are on the rise worldwide and so much of this is directed towards the Muslim community, we give thanks for the Sabeel and Al-Liqa Centers who organized a solidarity visit of Christian clergy with Muslim clerics at Al Aqsa Mosque last Thursday.   We pray that the status quo at the site will not be threatened or violated  by aggressive  Israeli settlers and that the Muslim community will have unrestricted freedom to pray and worship at this holy place.  We also pray that this show of brotherhood between our two faiths can be a witness to the whole world.
Lord in your mercy...........

•             Lord, we pray for the Sabeel clergy and spouse retreat which takes place November 24-26 in Haifa.  We pay for refreshment and renewal for the clergy and their families as they spend this time together.
Lord in your mercy...........

•             We pray alongside the World Council of Churches for the countries of  Cameroon, Central African Republic and Equatorial Guinea.

Lord in your mercy...........

19/1/2015 French

Seigneur, la semaine passée les ténèbres se sont abattues sur Paris, la Ville de la Lumière, avec l’assassinat insensé de plus de 130 personnes dans plusieurs attaques terroristes orchestrées par l’État Islamique. Le monde a donné l’impression de s’unir face à cette atrocité. “Nous sommes tous parisiens” a-t-on entendu dans le monde entier. Mais il y a de la souffrance partout, Seigneur, de la souffrance à Beyrouth où 43 personnes ont été tuées la semaine dernière, de la souffrance en Syrie, de la souffrance en Afrique, de la souffrance en Afghanistan, et de la souffrance en Palestine. Et la liste ne cesse de s’allonger. Seigneur, donne-nous la volonté et le courage d’être Ta lumière dans un monde de souffrance et de ne pas prendre de repos tant que la compassion, la dignité et le caractère sacré de chaque vie humaine, ne seront pas honorés et traduits en actes. Seigneur, dans Ta miséricorde, entends notre prière.

Seigneur, plus près de nous, nous voyons la violence se poursuivre quotidiennement. Depuis le 1er octobre, 7.000 Palestiniens ont été blessés et 83 tués, les dernières victimes étant Laith Assad Munasra, 21 ans, et Amad Abu al-Aish, 28 ans, abattus par les forces israéliennes lors de la démolition d’une maison de suspect dans le camp de réfugiés de Qalandya à Ramallah lundi matin aux premières heures du jour. Nous crions avec le psalmiste, “Combien de temps ?” : combien de temps cettte violence va-t-elle continuer, combien de temps les gens vont-ils souffrir de la perte de membres de leur famille, d’amis et de maisons ? Combien de temps les familles et les quartiers supporteront-ils la punition collective des démolitions de maisons qui visent l’innocent ? Et pourtant, au milieu de nos cris, nous nous souvenons aussi de Ton amour et de Ta fidélité. Permet que ce souvenir nous donne d’espérer qu’un jour la paix et la justice règneront dans ce pays. Seigneur, dans Ta miséricorde, entends notre prière.

 Seigneur, alors qu’en ce moment la peur et la haine augmentent dans le monde entier et qu’elles sont dans une large mesure dirigées contre la communauté musulmane, nous Te remercions pour les centres Sabeel et Al-Liqa qui viennent d’organiser une visite de solidarité de membres du clergé chrétien avec des religieux musulmans à la mosquée Al-Aqsa jeudi dernier. Nous Te prions pour que le statu quo de ce site ne soit pas menacé ou violé par des colons israéliens agressifs et pour que la communauté musulmane ait une liberté sans restriction de prier et de célébrer dans ce lieu saint. Nous Te prions aussi pour que que cette manifestation de fraternité entre nos deux religions puisse être un témoignage pour le monde entier. Seigneur, dans Ta miséricorde, entends notre prière.

Seigneur, nous Te prions pour la retraite de Sabeel à l’intention des membres du clergé et de leurs épouses qui aura lieu du 24 au 26 novembre à Haifa. Nous Te prions pour que les membres du clergé et leurs familles trouvent dans ces moments passés ensemble la possibilté de se détendre et de se ressourcer. Seigneur, dans Ta miséricorde, entends notre prière.


  Nous Te prions en union avec le Conseil Œcuménique des Églises pour les populations du Cameroun, de la République Centrafricaine et de la Guinée Équatoriale. Seigneur, dans Ta miséricorde, entends notre prière. 

19/11/2015 German

Herr, in der letzten Woche fiel Dunkelheit auf Paris, das Stadt des Lichts. Über 130 Menschen  wurden sinnlos von der ISIS bei mehreren Terroranschlägen getötet.  Die Welt schien sich nach den Gräueltat zu vereinigen.   "Wir sind alle Pariser" wurde rund um den Globus gehört.   Aber es gibt Schmerz überall, Herr, Schmerz in Beirut nachdem 43 Menschen letzte Woche getötet wurden, Schmerz in Syrien, Schmerz in Afrika, Schmerz in Afghanistan, Schmerz in Palästina.   Und die Liste geht weiter.  Herr, gibt uns den Willen und den Mut, Dein Licht in einer schmerzenden Welt zu sein und uns nicht auf unseren Mitleid auszuruhen und die Würde und die Heiligkeit eines jeden Menschenlebens zu ehren.
Herr in Deinem Erbarmen............

Herr, in unserer Nähe sehen wir wie die Gewalttätigkeit täglich weitergeht.   Seit dem 1. Oktober sind über 7000 Palästinenser verletzt und 83  getötet worden. Die letzten Opfer sind Laith Assad Munasra,  21 Jahre alt  und Ahmad Abu al Aish, 28  von israelischen Streitkräften erschossen, als ein  „verdächtiges“ Haus  am frühem Montagmorgen im Qalandya Flüchtlingslager in Ramallah zerstört wurde.
Wir rufen mit dem Psalmisten: "wie lange?"  Wie lange wird diese Gewalttätigkeit gehen, wie lange erleiden die Leute den Verlust von Familie, Freunden und Häusern? Wie lange  werden Familien und Nachbarschaften unter der kollektiven Strafe von Hausabbrüchen leiden, die die Unschuldigen treffen?   Und doch, wie wir es herausschreien, werden wir auch an Deine Liebe und Treue erinnert.   Gib uns durch diese Erinnerung Hoffnung, dass Dein Frieden und Deine Gerechtigkeit in diesem Land errichtet werden.
 Herr in Deinem Erbarmen............

Herr, in der Zeit in der Furcht und Hass weltweit ansteigen  und so viel davon auf die moslemische Gemeinschaft gerichtet ist, danken wir Dir für die Sabeel und Al-Liqa Zentren, die am  letzten Donnerstag einen Solidaritätsbesuch des christlichen Klerus mit moslemischen Geistlichen der Al Aqsa Moschee organisierten.    Wir beten, dass der Status quo am Standort nicht von aggressiven israelischen Siedlern bedroht oder verletzt wird und dass die moslemische Gemeinschaft unbeschränkte Freiheit hat, an diesem Ort zu beten.   Wir beten auch, dass dies die Bruderschaft zwischen unseren Religionen zeigen kann, um ein Zeugnis für die  ganze Welt zu sein.
Herr in Deinem Erbarmen............

Herr, wir beten für die  Sabeel Einkehrtage für  Geistliche und ihren Ehegattinnen, die vom 24. -26. November in Haifa stattfinden.   Wir ermöglichen damit Stärkung und Erneuerung für die Geistlichen und ihren Familien.
Herr in Deinem Erbarmen............
 
Wir beten mit dem Weltrat der Kirchen für die Länder  Kamerun, Zentralafrikanischer Republik und Äquatorialguinea.

Herr in Deinem Erbarmen............ 

Saturday, November 14, 2015

Japanese 14/11/2015

司) 神の子羊よ、あなたは世の罪を除かれます
(会) わたしたちに憐れみをお与えください
(司) 神の子羊よ、あなたは世の罪を除かれます
(会) わたしたちに憐れみをお与えください
(司) 神の子羊よ、あなたは世の罪を除かれます
(会) わたしたちにあなたの平和をお与えください
(司) 主よ、憐れみをお与えください
(会) キリストよ、憐れみをお与えください
(司) 主よ、憐れみをお与えください
(司) 天の父よ、肉となった言(ことば)、み子、イエス・キリストがベツレヘムで誕生なされたことを感謝します。み子は恵みと真理とに満ち、わたしたちの間に宿られました。あなたの愛と恵みのゆえに
(会) 神よ、あなたに感謝をささげます
(司) み子のご生涯のゆえに、み子がエルサレムでわたしたちの罪と苦しみを負って死なれたことのゆえに、そして、み子が栄光のうちによみがえられ、わたしたちに彼と共なる新しいいのちを与えてくださったことのゆえに感謝します。あなたの愛と恵みのゆえに
(会) 神よ、あなたに感謝をささげます
(司) あなたが創造されたものを癒やすための赦し、和解、平和構築の働きを、わたしたちに託されたことを感謝します。あなたの愛と恵みのゆえに
(会) 神よ、あなたに感謝をささげます
(司) すべての虐殺、暴力、迫害の犠牲者のために祈ります。ことに聖地および中東のいたるところで、危険の中にある人々、迫害の手から逃げている人々のために祈ります。主よ、わたしたちの祈りを聞き入れてください
(会) わたしたちの叫びがあなたに届きますように
(司) 暴力のために失われた愛する人のために嘆くすべての人のために祈ります。ことにパレスチナ・イスラエルで深い悲しみの中にある人々のために祈ります。主よ、わたしたちの祈りを聞き入れてください
(会) わたしたちの叫びがあなたに届きますように
(司) すべての指導者への聖霊による導きを祈ります。ことに聖なる方の地に住む諸民族の指導者たちの上に、また国連とすべての権威ある人々の上に聖霊による導きがありますように。み民が平和と正義を得る手段を求めることができるようにしてください。主よ、わたしたちの祈りを聞き入れてください
(会) わたしたちの叫びがあなたに届きますように
(司) 天の父よ、あなたをほめたたえます。あなたは、この紛争に満ちた世界におけるただひとつの避けどころです。主よ、わたしたちの祈りを聞き入れてください
(会) わたしたちの叫びがあなたに届きますように
(司) 主は皆さんと共に
(会) またあなたと共に
(司) 祈りましょう
(一同) 全能なる神、主よ、あなたは地のすべての民を、自由と平和のうちにあなたに仕えさせるために、あなたの栄光のためにつくられました。どうかわたしたちに、そしてあらゆる国の人々に、正義を求める熱意と忍耐する力を与え、あなたのすべての民が恵みに満ちたみ心にかなうように自分の自由を使うことができるようにしてください。ひとつなる神、あなたと聖霊と共に世々に生き、支配しておられるわたしたちの主、イエス・キリストによってお祈りいたします。アーメン

Japanese 14/11/2015

* 2015年10月以後、パレスチナ・イスラエルで紛争が激化する中で、エルサレムの殉教者聖ジョージ大聖堂で日々ささげられてきた祈りに基づいてエルサレム教区で整えられた嘆願です。降臨節第一主日(2015年11月29日)の礼拝で用いてほしいとのことです。
http://www.j-diocese.org/index.php?lang=en&page=news&item=14468183951102
(司) 神の子羊よ、あなたは世の罪を除かれます
(会) わたしたちに憐れみをお与えください
(司) 神の子羊よ、あなたは世の罪を除かれます
(会) わたしたちに憐れみをお与えください
(司) 神の子羊よ、あなたは世の罪を除かれます
(会) わたしたちにあなたの平和をお与えください
(司) 主よ、憐れみをお与えください
(会) キリストよ、憐れみをお与えください
(司) 主よ、憐れみをお与えください
(司) 天の父よ、肉となった言(ことば)、み子、イエス・キリストがベツレヘムで誕生なされたことを感謝します。み子は恵みと真理とに満ち、わたしたちの間に宿られました。あなたの愛と恵みのゆえに
(会) 神よ、あなたに感謝をささげます
(司) み子のご生涯のゆえに、み子がエルサレムでわたしたちの罪と苦しみを負って死なれたことのゆえに、そして、み子が栄光のうちによみがえられ、わたしたちに彼と共なる新しいいのちを与えてくださったことのゆえに感謝します。あなたの愛と恵みのゆえに
(会) 神よ、あなたに感謝をささげます
(司) あなたが創造されたものを癒やすための赦し、和解、平和構築の働きを、わたしたちに託されたことを感謝します。あなたの愛と恵みのゆえに
(会) 神よ、あなたに感謝をささげます
(司) すべての虐殺、暴力、迫害の犠牲者のために祈ります。ことに聖地および中東のいたるところで、危険の中にある人々、迫害の手から逃げている人々のために祈ります。主よ、わたしたちの祈りを聞き入れてください
(会) わたしたちの叫びがあなたに届きますように
(司) 暴力のために失われた愛する人のために嘆くすべての人のために祈ります。ことにパレスチナ・イスラエルで深い悲しみの中にある人々のために祈ります。主よ、わたしたちの祈りを聞き入れてください
(会) わたしたちの叫びがあなたに届きますように
(司) すべての指導者への聖霊による導きを祈ります。ことに聖なる方の地に住む諸民族の指導者たちの上に、また国連とすべての権威ある人々の上に聖霊による導きがありますように。み民が平和と正義を得る手段を求めることができるようにしてください。主よ、わたしたちの祈りを聞き入れてください
(会) わたしたちの叫びがあなたに届きますように
(司) 天の父よ、あなたをほめたたえます。あなたは、この紛争に満ちた世界におけるただひとつの避けどころです。主よ、わたしたちの祈りを聞き入れてください
(会) わたしたちの叫びがあなたに届きますように
(司) 主は皆さんと共に
(会) またあなたと共に
(司) 祈りましょう
(一同) 全能なる神、主よ、あなたは地のすべての民を、自由と平和のうちにあなたに仕えさせるために、あなたの栄光のためにつくられました。どうかわたしたちに、そしてあらゆる国の人々に、正義を求める熱意と忍耐する力を与え、あなたのすべての民が恵みに満ちたみ心にかなうように自分の自由を使うことができるようにしてください。ひとつなる神、あなたと聖霊と共に世々に生き、支配しておられるわたしたちの主、イエス・キリストによってお祈りいたします。アーメン

Japanese 14/11/2015

(司) 神の子羊よ、あなたは世の罪を除かれます
(会) わたしたちに憐れみをお与えください
(司) 神の子羊よ、あなたは世の罪を除かれます
(会) わたしたちに憐れみをお与えください
(司) 神の子羊よ、あなたは世の罪を除かれます
(会) わたしたちにあなたの平和をお与えください
(司) 主よ、憐れみをお与えください
(会) キリストよ、憐れみをお与えください
(司) 主よ、憐れみをお与えください
(司) 天の父よ、肉となった言(ことば)、み子、イエス・キリストがベツレヘムで誕生なされたことを感謝します。み子は恵みと真理とに満ち、わたしたちの間に宿られました。あなたの愛と恵みのゆえに
(会) 神よ、あなたに感謝をささげます
(司) み子のご生涯のゆえに、み子がエルサレムでわたしたちの罪と苦しみを負って死なれたことのゆえに、そして、み子が栄光のうちによみがえられ、わたしたちに彼と共なる新しいいのちを与えてくださったことのゆえに感謝します。あなたの愛と恵みのゆえに
(会) 神よ、あなたに感謝をささげます
(司) あなたが創造されたものを癒やすための赦し、和解、平和構築の働きを、わたしたちに託されたことを感謝します。あなたの愛と恵みのゆえに
(会) 神よ、あなたに感謝をささげます
(司) すべての虐殺、暴力、迫害の犠牲者のために祈ります。ことに聖地および中東のいたるところで、危険の中にある人々、迫害の手から逃げている人々のために祈ります。主よ、わたしたちの祈りを聞き入れてください
(会) わたしたちの叫びがあなたに届きますように
(司) 暴力のために失われた愛する人のために嘆くすべての人のために祈ります。ことにパレスチナ・イスラエルで深い悲しみの中にある人々のために祈ります。主よ、わたしたちの祈りを聞き入れてください
(会) わたしたちの叫びがあなたに届きますように
(司) すべての指導者への聖霊による導きを祈ります。ことに聖なる方の地に住む諸民族の指導者たちの上に、また国連とすべての権威ある人々の上に聖霊による導きがありますように。み民が平和と正義を得る手段を求めることができるようにしてください。主よ、わたしたちの祈りを聞き入れてください
(会) わたしたちの叫びがあなたに届きますように
(司) 天の父よ、あなたをほめたたえます。あなたは、この紛争に満ちた世界におけるただひとつの避けどころです。主よ、わたしたちの祈りを聞き入れてください
(会) わたしたちの叫びがあなたに届きますように
(司) 主は皆さんと共に
(会) またあなたと共に
(司) 祈りましょう
(一同) 全能なる神、主よ、あなたは地のすべての民を、自由と平和のうちにあなたに仕えさせるために、あなたの栄光のためにつくられました。どうかわたしたちに、そしてあらゆる国の人々に、正義を求める熱意と忍耐する力を与え、あなたのすべての民が恵みに満ちたみ心にかなうように自分の自由を使うことができるようにしてください。ひとつなる神、あなたと聖霊と共に世々に生き、支配しておられるわたしたちの主、イエス・キリストによってお祈りいたします。アーメン

Friday, November 13, 2015

12/11/2015 English

This past week, 27 international Friends of Sabeel have been participating in the Sabeel Fall Witness Visit.  For some, this is their first visit to Palestine-Israel; for others this is one of many visits to the area.  All have had their eyes opened and hearts broken by what they have seen and heard.  Lord, on their behalf, we bring the following prayers before you:

•           We pray for the Dawabsheh family  who died when their home was burned by extremist settlers this past summer and for all those who continue to mourn their loss. 
Lord, in your mercy...........
•           We pray for the people of Hebron as they live through this present time of settler violence.  Lord, in your mercy...........
•           We pray for refugees, both  here in Palestine and all through the Middle East. We pray for an end to the violence that has forced them to leave their homes and their livelihoods.  
 Lord, in your mercy...........
•           We pray for just laws in Israel that will be applied fairly and equally to all people, regardless of race, religion or nationality.  Lord, in your mercy...........
•           We pray that Israeli eyes will be opened to the brutal effects of the occupation, that they will see that increased oppression will not bring security, that Palestinian cries will be heard by ears of  compassion and understanding, and that those who hear will have the courage to demand an end to the occupation.  Lord, in your mercy...........
•           We pray for children everywhere, but here in Palestine we especially remember children who have been traumatized by the occupation, who are awakened at night by military house raids, who face arrest and imprisonment for simple acts of resistance. Lord, in your mercy...........
•           We pray for all those who daily defend their land from threatened confiscation,  Lord, in your mercy...........
•           We pray for all those who travel to this land as pilgrims and tourists, that they might not just see the “holy” sites, but engage also the living stones of the land Lord, in your mercy…

Lord, we give you thanks for these Friends of Sabeel who have come to be with us this week and who now take their experiences back to their homes to share with others as they continue to advocate for peace and justice.  Lord, in your mercy……….

Since 1988, November 15 has been designated as Palestinian Independence Day.  We pray with the people of Palestine who continue to live in the hope that one day soon they will be able to celebrate their independence in its full reality. Lord, in your mercy……….

We pray also for Sabeel Nazareth as they plan for a community trip to Old Jaffa this Sunday, Nov. 15 and we give you thanks for their faithfulness and witness.  Lord, in your mercy……….

We pray alongside the World Council of Churches for the countries of  Republic of Congo, Gabon, Sao Tome and Principe.  Lord, in your mercy...........

12/11/2015 French

La semaine passée, 27 Amis de Sabeel internationaux ont pris part à la Visite de Témoignage d’automne de Sabeel. Pour certains c’était leur première visite en Palestine-Israël ; pour d’autres il s’agissait d’une de leurs nombreuses visites dans le pays. Tous ont eu les yeux ouverts et le cœur brisé par ce qu’ils ont vu et entendu. Seigneur, nous Te présentons en leur nom les prières que voici :
-          Nous Te prions pour la famille Dawabsheh qui a péri cet été dans l’incendie de sa maison par des colons extrémistes et pour tous ceux qui continuent à pleurer leur perte. Seigneur, dans Ta miséricorde, entends notre prière.
-          Nous Te prions pour la population de Hébron qui vit ces temps-ci en subissant la violence des colons. Seigneur, dans Ta miséricorde, entends notre prière.
-          Nous Te prions pour les réfugiés, ceux d’ici et ceux de tout le Moyen Orient. Nous Te prions pour que prenne fin la violence qui les a obligés à abandonner leurs maisons et leurs moyens d’existence. Seigneur, dans Ta miséricorde, entends notre prière.
-           Nous Te prions pour des lois justes en Israël qui soient appliquées honnêtement et équitablement à tous, sans considération de race, de religion ou de nationalité. Seigneur, dans Ta miséricorde, entends notre prière.

Nous Te prions pour que les yeux des Israéliens s’ouvrent sur les effets brutaux de l’occupation, pour qu’ils voient qu’une oppression accrue n’apportera pas la sécurité, pour que les cris des Palestiniens soient entendus avec compassion et compréhension, et pour que ceux qui les entendent aient le courage d’exiger la fin de l’occupation. Seigneur, dans Ta miséricorde, entends notre prière.

Nous Te prions pour les enfants de tous les pays, mais ici en Palestine nous pensons de façon spéciale aux enfants qui ont été traumatisés par l’occupation, qui sont réveillés en pleine nuit par des interventions militaires dans leur maison, qui subissent arrestation et emprisonnement pour de simples actions de résistance. Seigneur, dans Ta miséricorde, entends notre prière.

Nous Te prions pour tous ceux qui défendent quotidiennement leurs terres menacées de confiscation. Seigneur, dans Ta miséricorde, entends notre prière.

Nous Te prions pour tous ceux qui viennent dans ce pays en pèlerins ou en touristes, pour qu’ils ne se contentent pas de voir les lieux “saints”, mais qu’ils entrent aussi en relation avec les pierres vivantes du pays. Seigneur, dans Ta miséricorde, entends notre prière.

Seigneur, nous Te remercions pour ces Amis de Sabeel qui sont venus nous rencontrer cette semaine et qui en rentrant chez eux vont partager avec d’autres ce qu’ils ont vécu et continuer à plaider pour la paix et la justice. Seigneur, dans Ta miséricorde, entends notre prière.

Depuis 1988, le 15 novembre a été retenu comme Jour de l’Indépendance Palestinienne. Nous Te prions en union avec le peuple de Palestine qui continue à vivre dans l’espoir de pouvoir un jour prochain célébrer pleinement son indépendance. Seigneur, dans Ta miséricorde, entends notre prière.

Nous Te prions aussi pour Sabeel Nazareth qui organise un voyage de la communauté à la vieille ville de Jaffa ce dimanche 15 novembre et nous Te remercions pour leur fidélité et leur témoignage. Seigneur, dans Ta miséricorde, entends notre prière.

Nous Te prions en union avec le Conseil Œcuménique ces Églises pour les populations de la République du Congo, du Gabon, de Sao Tome et Principe. Seigneur, dans Ta miséricorde, entends notre prière.


12/11/2015 German

In der letzten Woche haben 27 internationale Freunde von Sabeel am „Sabeel Zeugenbesuch“ teilgenommen.   Für einige war es ihr erster Besuch in Palästina-Israel; für andere ist dies einer von vielen Besuchen.  Alle haben Sie ihre Augen geöffnet und ihre Herzen brechen lassen, von dem was sie gesehen und gehört haben.   Herr in Deinem Namen bringen wir die folgenden Gebete vor Dich:
 
Wir beten für die Familie Dawabsheh, sie starb, als ihr Haus in diesem letzten Sommer von extremistischen Siedlern verbrannt wurde und für alle jene, die  um ihren Verlust trauern.  
Herr erbarme Dich............

•Wir beten für die Menschen in Hebron, die in der Mitte der Gewalt der Siedler leben.  
Herr erbarme Dich............

Wir beten für Flüchtlinge, sowohl hier in Palästina und überall im Nahen Osten. Wir beten für ein Ende der Gewalt, die sie gezwungen hat ihre Häuser und ihren Lebensgrundlage zu verlassen.
Herr erbarme Dich............

Wir beten um Gesetze in Israel, die fair zu allen Menschen, ohne Rücksicht auf Rasse, Religion oder Staatsangehörigkeit verabschiedet werden.   Herr erbarme Dich............
     
           Wir beten, dass Israels Augen über die brutalen Auswirkungen des Besatzung  geöffnet werden, damit  sie sehen, dass diese vermehrte Unterdrückung keine Sicherheit bringt, dass die palästinensischen Schreie von Ohren des Mitleids und des Verständnisses gehört werden und dass jene die hören, den Mut haben ein Ende der Besatzung  zu fordern.  
Herr erbarme Dich............

Wir beten für alle Kinder. Aber hier in Palästina erinnern wir uns besonders an die  Kinder, die von der Besatzung traumatisiert worden sind, weil sie nachts von militärischen Hausrazzien geweckt werden und Verhaftungen mit ansehen müssen und  mit der Gefangenschaft für einfache Taten des Widerstands konfrontiert sind . Herr erbarme Dich............
        
Wir beten für alle, die ihr Land täglich gegen die drohende Beschlagnahmung verteidigen.
Herr  in Deinem Erbarmen ............

Wir beten für alle, die in dieses Land als Pilger und Touristen kommen, obwohl sie gerade nicht die "heiligen" Stätten  sehen können, aber engagiere Sie als lebendig Steine für das Land. 
Herr in Deinem Erbarmen.
 
Herr, wir danken Dir für die Freunde von Sabeel, die diese Woche zu uns gekommen sind, um  ihre Erfahrungen jetzt nach Hause bringen, um sie mit anderen zu teilen, um weiter  für Frieden und Gerechtigkeit einzustehen.  Herr in Deinem Erbarmen. ..
 
Seit 1988 ist der 15. November der palästinensische Unabhängigkeitstag.   Wir beten mit den Palästinensern, die weiterhin in der Hoffnung leben, dass sie eines Tages in der Lage sein werden ihre Unabhängigkeit in voller Wirklichkeit zu feiern. Herr in Deinem Erbarmen. ..
 
Wir beten auch für Sabeel Nazareth, die sich für eine Gemeinschaftsreise am Sonntag, den 15. November  in das alte Jaffa vorbereiten. Wir danken Dir für Ihre Treue und ihr Zeugnis.  
Herr in Deinem Erbarmen. ..

Wir beten mit dem Weltrat der Kirchen für die Länder: Republik Kongo, Gabun, São Tomé und Príncipe.   Herr erbarme Dich............


Thursday, November 12, 2015

Japanese 12/11/2015

この1週間、世界各国からのサビールの友、27人が「聖地の現実を見る旅」でパレスチナ・イスラエルに滞在していました。初めての人もいれば、もう何度も来たことのある人もいました。参加者全員が見聞きしたことによって目を開かされ、心を痛めました。主よ、彼らに代わって、み前に以下の祈りを献げます。
この夏、過激主義の入植者によって家に火をつけられて死んだダワブシェ家の人々と彼らの死を悼み続けている人々のために祈ります。
主よ、御憐れみにより、私たちの祈りを聞き入れてください
入植者の暴力に日々苦しんでいるヘブロンの人々のために祈ります。
主よ、御憐れみにより、私たちの祈りを聞き入れてください
ここパレスチナおよび中東全体の難民のために祈ります。彼らが故郷を離れ、暮らしのすべを手放す原因となった暴力を、どうか終わらせてください。
主よ、御憐れみにより、私たちの祈りを聞き入れてください
どうかイスラエル国で、人種、宗教、民族の区別なく公平、平等に適用される正しい法律が立てられますように。
主よ、御憐れみにより、私たちの祈りを聞き入れてください
どうかイスラエルの人々が占領のもたらしている暴力的な影響に目を開かれますように。抑えつけることは安全をもたらさないこと、パレスチナの人々の叫びは必ず思いやりと理解を持つ人々に届くこと、そして叫びを聞いた人々は必ず勇気をもって占領終結を要求することになるということに気が付きますように。
主よ、御憐れみにより、私たちの祈りを聞き入れてください
世界中の子どもたちのために祈ります。ここパレスチナでは、ことに占領によって心理的外傷を受けた子どもたちのことを覚えます。夜中にイスラエル兵に家を襲撃されて眠りから起こされる子どもたち、抵抗しただけで逮捕、監禁される子どもたちのために祈ります。
主よ、御憐れみにより、私たちの祈りを聞き入れてください
日々、土地を没収される脅威と闘っているすべての人のために祈ります。
主よ、御憐れみにより、私たちの祈りを聞き入れてください
聖地に巡礼者、旅行者としてやってくるすべての人のために祈ります。どうか彼らがただ「聖なる」場所を見るだけでなく、生きた石との関わりを持ちますように。
主よ、御憐れみにより、私たちの祈りを聞き入れてください
「聖地の現実を見る旅」に参加したサビールの友たちのゆえに感謝します。彼らはパレスチナ解放のために働く人々と会うために聖地を訪ねました。彼らはこれから各々の国に帰って、他の人々と経験を分かち合い、平和と正義のために働きます。
主よ、御憐れみにより、私たちの祈りを聞き入れてください
1988年以来、11月15日はパレスチナ独立の日とされています。近い将来に独立を実際の現実として祝うことができるという希望を持ち続けているパレスチナの人々と共に祈ります。
主よ、御憐れみにより、私たちの祈りを聞き入れてください
今度の日曜日、11月15日にヤッファ旧市街への旅行を計画しているサビール・ナザレのために祈ります。また、彼らのあなたへの誠実さと証人としての働きのゆえに感謝します。
主よ、御憐れみにより、私たちの祈りを聞き入れてください

Japanese 12/11/2015

この1週間、世界各国からのサビールの友、27人が「聖地の現実を見る旅」でパレスチナ・イスラエルに滞在していました。初めての人もいれば、もう何度も来たことのある人もいました。参加者全員が見聞きしたことによって目を開かされ、心を痛めました。主よ、彼らに代わって、み前に以下の祈りを献げます。
この夏、過激主義の入植者によって家に火をつけられて死んだダワブシェ家の人々と彼らの死を悼み続けている人々のために祈ります。
主よ、御憐れみにより、私たちの祈りを聞き入れてください
入植者の暴力に日々苦しんでいるヘブロンの人々のために祈ります。
主よ、御憐れみにより、私たちの祈りを聞き入れてください
ここパレスチナおよび中東全体の難民のために祈ります。彼らが故郷を離れ、暮らしのすべを手放す原因となった暴力を、どうか終わらせてください。
主よ、御憐れみにより、私たちの祈りを聞き入れてください
どうかイスラエル国で、人種、宗教、民族の区別なく公平、平等に適用される正しい法律が立てられますように。
主よ、御憐れみにより、私たちの祈りを聞き入れてください
どうかイスラエルの人々が占領のもたらしている暴力的な影響に目を開かれますように。抑えつけることは安全をもたらさないこと、パレスチナの人々の叫びは必ず思いやりと理解を持つ人々に届くこと、そして叫びを聞いた人々は必ず勇気をもって占領終結を要求することになるということに気が付きますように。
主よ、御憐れみにより、私たちの祈りを聞き入れてください
世界中の子どもたちのために祈ります。ここパレスチナでは、ことに占領によって心理的外傷を受けた子どもたちのことを覚えます。夜中にイスラエル兵に家を襲撃されて眠りから起こされる子どもたち、抵抗しただけで逮捕、監禁される子どもたちのために祈ります。
主よ、御憐れみにより、私たちの祈りを聞き入れてください
日々、土地を没収される脅威と闘っているすべての人のために祈ります。
主よ、御憐れみにより、私たちの祈りを聞き入れてください
聖地に巡礼者、旅行者としてやってくるすべての人のために祈ります。どうか彼らがただ「聖なる」場所を見るだけでなく、生きた石との関わりを持ちますように。
主よ、御憐れみにより、私たちの祈りを聞き入れてください
「聖地の現実を見る旅」に参加したサビールの友たちのゆえに感謝します。彼らはパレスチナ解放のために働く人々と会うために聖地を訪ねました。彼らはこれから各々の国に帰って、他の人々と経験を分かち合い、平和と正義のために働きます。
主よ、御憐れみにより、私たちの祈りを聞き入れてください
1988年以来、11月15日はパレスチナ独立の日とされています。近い将来に独立を実際の現実として祝うことができるという希望を持ち続けているパレスチナの人々と共に祈ります。
主よ、御憐れみにより、私たちの祈りを聞き入れてください
今度の日曜日、11月15日にヤッファ旧市街への旅行を計画しているサビール・ナザレのために祈ります。また、彼らのあなたへの誠実さと証人としての働きのゆえに感謝します。
主よ、御憐れみにより、私たちの祈りを聞き入れてください

Japanese 12/11/2015

この1週間、世界各国からのサビールの友、27人が「聖地の現実を見る旅」でパレスチナ・イスラエルに滞在していました。初めての人もいれば、もう何度も来たことのある人もいました。参加者全員が見聞きしたことによって目を開かされ、心を痛めました。主よ、彼らに代わって、み前に以下の祈りを献げます。
この夏、過激主義の入植者によって家に火をつけられて死んだダワブシェ家の人々と彼らの死を悼み続けている人々のために祈ります。
主よ、御憐れみにより、私たちの祈りを聞き入れてください
入植者の暴力に日々苦しんでいるヘブロンの人々のために祈ります。
主よ、御憐れみにより、私たちの祈りを聞き入れてください
ここパレスチナおよび中東全体の難民のために祈ります。彼らが故郷を離れ、暮らしのすべを手放す原因となった暴力を、どうか終わらせてください。
主よ、御憐れみにより、私たちの祈りを聞き入れてください
どうかイスラエル国で、人種、宗教、民族の区別なく公平、平等に適用される正しい法律が立てられますように。
主よ、御憐れみにより、私たちの祈りを聞き入れてください
どうかイスラエルの人々が占領のもたらしている暴力的な影響に目を開かれますように。抑えつけることは安全をもたらさないこと、パレスチナの人々の叫びは必ず思いやりと理解を持つ人々に届くこと、そして叫びを聞いた人々は必ず勇気をもって占領終結を要求することになるということに気が付きますように。
主よ、御憐れみにより、私たちの祈りを聞き入れてください
世界中の子どもたちのために祈ります。ここパレスチナでは、ことに占領によって心理的外傷を受けた子どもたちのことを覚えます。夜中にイスラエル兵に家を襲撃されて眠りから起こされる子どもたち、抵抗しただけで逮捕、監禁される子どもたちのために祈ります。
主よ、御憐れみにより、私たちの祈りを聞き入れてください
日々、土地を没収される脅威と闘っているすべての人のために祈ります。
主よ、御憐れみにより、私たちの祈りを聞き入れてください
聖地に巡礼者、旅行者としてやってくるすべての人のために祈ります。どうか彼らがただ「聖なる」場所を見るだけでなく、生きた石との関わりを持ちますように。
主よ、御憐れみにより、私たちの祈りを聞き入れてください
「聖地の現実を見る旅」に参加したサビールの友たちのゆえに感謝します。彼らはパレスチナ解放のために働く人々と会うために聖地を訪ねました。彼らはこれから各々の国に帰って、他の人々と経験を分かち合い、平和と正義のために働きます。
主よ、御憐れみにより、私たちの祈りを聞き入れてください
1988年以来、11月15日はパレスチナ独立の日とされています。近い将来に独立を実際の現実として祝うことができるという希望を持ち続けているパレスチナの人々と共に祈ります。
主よ、御憐れみにより、私たちの祈りを聞き入れてください
今度の日曜日、11月15日にヤッファ旧市街への旅行を計画しているサビール・ナザレのために祈ります。また、彼らのあなたへの誠実さと証人としての働きのゆえに感謝します。
主よ、御憐れみにより、私たちの祈りを聞き入れてください